ツインソウルについて真剣に考えるブログ

ツインソウルという概念に出会いました。情報量が多く混乱してきたのでまとめてみたいと思います。

アセンション3

前回、さわりだけ調べた「アセンション」で気になったのですが
以前から、資本主義に代わるものは無いかを考えていて
それは天変地異が起こる以外、人間の考え方や意識、常識の変化しかないのでは?
と思っていたので資本主義からの移行という記事について
とても理想的だと思いました。


でも、そんなことできるのかな?とも思ったんですよね。
人の意識はそこまで変化できるものでしょうか?
それから、アセンションって現実味があるかを考えていました。


とりあえず今回は、2012年のアセンションについて調べてみました。
調べてみると、理想とは掛け離れた記事がたくさんありましたので
リンク等は貼らないことにします。

何でも思い通りになるスピリチュアルな能力をゲットして、自分の病気や人の病気も一瞬に治す方もおられるでしょう。長生きもできます。

五次元とでは、思ったときに、思った場所にいつでも瞬時に行けるのだという。そこには競争もなければ、争いもない。各人が思い思いに好きなことができるのだという。愛と慈悲に包まれた平和な世界だという。 憎しみも、悲しみもない、穏やかであたたかで、しあわせいっぱいの桃源郷なのだという。まるで肉体に羽根を持った天使のように。もはや死ぬこともなく、このまま肉体は持って行ける、ということです。今まで封印されていた過去の記憶も、すべてよみがえるという。そして、いつでも衣を脱ぐように、肉体を離れることが自由にできるようになるのだとも。

急げ急げ!!残された時間は少ない

伝統的なマヤの暦では2086年が最後の日ということのようですし、そもそもマヤの先住民族には終末思想というものは存在しないので、2086年もひとつのサイクルの終わりの日という認識でしかないそうです。 (2012年に何も起きなかったら次は2086年が広まるかもしれませんね(笑))

このアセンションコースは2012年徹底的にアセンションに向けて進化し続けるために、×××が提供する、様々なイベントや商品もご優待価格等で受け取って頂ける仕組みとさせていたきました。いわば、アセンションのための特急券のようなものです。ひとりマイペースで行うか、強力なサポーターをつけ、特急券を手に入れて一気に進めていくかの違いです。もう、時代の流れは待ってくれません。ぜひ、このアセンションコースにご参加して頂いて、2012年をご自身の人生の中でのすばらしいターニングポイントとなるように意識的に過ごしてみてくださいね。参加費 88,880円(6回) 収録音声付 オプション:CD6枚付+9000円

調べてみると、煽り文句や理想郷の羅列でした。
当時も、こういうサイトが多かったのでしょうか?


2012年は、ツイン?は知っていましたが、ツインソウルの概念は知らず
アセンションという言葉も知りませんでした。
私がツインソウルの概念を知ったのは2014年ですので
2012年当時のことは、現在検索できること以外わかりません。
こっそり記事を消したり修正した方もいらっしゃるでしょうし。


極端な文章ばかりを引用しましたが、冷静に2012年のアセンションについて
書かれているものもたくさんありました。
それらも修正版なのかどうかわかりませんが、2012年または他の何かによって
何が変わったのかは、読んでも良くわかりませんでした。


アセンションを、よい意味で捉えると、とても理想的なことだと思います。
でも、ファンタジーの世界から脱することができないように感じます。


個人の意識レベルの変化と考えれば、それぞれの解釈でいいと思いますが
他人や世界を変えるというのは、あまりにも他力本願のような気がしますので
私は、現実的に可能な資本主義に代わるものを考えたいと思います。
アセンションについても、また機会がありましたら調べてみたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。